乗船にかかる費用相場

遠方まで車でドライブに行く時に、現地に着くまでゆったりくつろげるフェリーは便利な存在です。フェリーを使うメリットはたくさんあります。まず、マイカーでそのまま現地まで行けることです。また、車ごと運んでもらえるので荷物を載せたままでいられます。現地でレンタカーを借りる必要がないこともポイントです。
フェリーを利用する場合、旅客運賃と自動車航送運賃が必要になります。旅客運賃は乗客の料金です。この旅客運賃は、船内で過ごす船室のランクや季節によって変わります。船室のランクは2等から特等まで4~5段階あって、それぞれ費用が異なります。例えば、東京~北九州間のフェリーの場合は、2等船室が15000円ほど、特等船室なら42000円ほどになります。自動車航送運賃は車の運搬にかかる費用です。こちらは車が大きくなればなるほど高くなります。この例の場合だと、5m未満の乗用車は38000円ほど、3m未満の軽自動車なら24000円程度となります。こうした運搬費は航路やフェリー会社によって異なりますので、事前に調べるといいでしょう。
フェリーを利用する場合、事前に予約を入れる必要があります。フェリー会社のHPからネット予約が行えますので、利用したい航路を選んでください。フェリーに乗る当日は、時間に余裕を持って行動します。乗船の1時間~2時間前までに手続きを済ませることが大切です。フェリーへの乗船が済んだら、後は目的地までゆったり船旅を楽しみましょう。

コメントは受け付けていません。