レンタカーのメリット・デメリット

最近、若者の自動車離れがよく話題に上っていますが、実際にはマイカーの所有という形態から離れている若者が多いのであって、自動車を運転できない若者が増えているわけではありません。学生時代というのはグループでのドライブも結構頻繁に発生するものです。では若者はどのように自動車を使っているのでしょうか。最近特に増えているのがカーシェアリングやレンタカーです。必要な時に必要な分だけ借りるというメリットが最も大きく支持されています。マイカーを所有すれば、維持費も毎年大きな金額になりますし、ガソリンは常に多めに入れておかねばなりません。洗車や清掃なども全てオーナーの負担になります。しかしこれらのマイカーにおけるデメリットは、レンタカーのメリットとして多くの若者に受け入れられているのです。目的の現地までは電車等の公共交通機関で移動し、現地付近の行動においてはレンタカーやカーシェアリングといった必要な時に必要な分だけ借りる方法を採り、日常の維持に関する大きな負担をカットしているのです。加えて消耗品まで必要な分だけです。ガソリンがその最たる例になります。面倒な清掃や洗車も、レンタルであれば常に業者任せで楽々。レンタルのメリットは非常に大きいと言えます。

コメントは受け付けていません。