‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

返却手続きの流れとは

2015/05/23

旅行先でクルマが必要なときや、普段の交通手段は電車で十分だけど、たまにはドライブしたいという方は、レンタカーが便利です。レンタル料金も以前と比べると大変格安になっており、また、車種もいろいろあってクルマ選びが楽しいです。たとえば、格安なコンパクトカーもあれば、燃費の良いハイブリッドカーもあります。また、大勢で乗ることができるミニバンや高級スポーツカーなどを用意している専門店もあります。たまには、普段乗ることができないような憧れのクルマをレンタルするのも楽しいですよね。

ところで、クルマをレンタルする場合の費用は、レンタル料金だけではありません。自動車保険料も必要になってきます。万一のときに備えて、必ず加入することをおすすめします。また返却するときの手続きは、ガソリンを満タンにして返却しなければなりません。したがって、ガソリン代も使った分必要になってきます。そのために費用を安く抑えたい場合は、燃費の良いコンパクトカーやハイブリッドカーがオススメになります。なお、クルマが汚れたとしても洗車する必要はありません。車内も掃除する必要はありませんが、ゴミなどは車内に置きっぱなしにしないで、持ち帰らなければなりません。

使用中の注意点について

2015/05/23

クルマを所有しないで、必要なときにだけレンタカーを借りるのも悪い方法ではないと思います。特に東京や大阪など、交通の便が良いところは、クルマがなくても電車がありますので、生活に全く問題はありませんし、クルマを所有することによって発生する駐車料金代などもばかにできません。

クルマをレンタルする際に必要な費用も、年々安くなっており、ユーザーにとっては大変ありがたいことですよね。具体的には、コンパクトカーであれば、一日5000円以下でレンタルすることができます。ただ、クルマのレンタルに必要は費用はレンタル代だけではないので注意が必要です。燃料代に関しては、満タンで借りるので、返すときも満タンで返すのが基本です。そのことも考えると、燃費の良いハイブリッドカーなどを借りると、燃料代に関しては安上がりになります。

心配なのは事故を起こした時です。そのために必ず保険に加入しましょう。一日だけでの保険料なので、それほど高額ではありません。安心料と思えば安いくらいです。それでもあまり使いなれていないクルマを初めて運転するときは、慎重に運転することを心がけることが大切です。新しい土地を走る場合は、なおのこと注意を払う必要があります。

費用と乗り捨て料金

2015/05/23

乗り捨てでレンタカーを利用したいと考えてる人もいるかもしれませんが、そういう人が注意しておくべき二つの点があります。
一つは、会社によっては乗り捨てができるところと出来ないところがあるということ、もう一つは、そのための費用が別途かかることが多いという点です。
まず、乗捨て自体がどこでも行っていると考えるのが間違いで、会社によってはこのサービスを実施していないところもあります。
したがって、利用する前に必ずこれを確認して、ちゃんと乗捨てができるところを利用しなければなりません。
また費用については、これも会社ごとに対応が異なっており、乗捨ては距離に関わらず別途費用がかかるところもあれば、近距離の乗捨てなら無料になるところもあります。
したがってこの点についても、各社の対応をよくリサーチしたうえで利用するところを選ばなければなりません。
もっとも注意すべきことは、乗捨てのことだけではなく、ガソリン代のこと、利用時間のこと、予約のこと、トラブルが起きた場合のことなど、いろいろなものがあります。
この点、インターネットのランキングや比較サイトを参考にしながら、どこを利用すれば一番メリットがあるのかを判断するといいでしょう。

予約手続きの流れ

2015/05/23

旅先などで自由な移動を求める旅行者はどうしても自動車での旅になりがちですが、遠路までの移動は新幹線などの公共交通機関で速達性と疲労の軽減にあてて、レンタルという手段により行き先地付近での自動車移動を可能にするという手法が最もお奨めです。JRなどではトレン太くんというような切符とレンタルがセットになった商品も用意されています。高速鉄道などの交通機関のメリットを充分に活かしながら、旅先での移動手段を有効に確保することをお勧めします。レンタカーというと予約や手続きが面倒なのではないかと思われがちですが、昨今のインターネット社会においてはそれらは非常に簡素なものですし、割引やサービスなども多々ついてくる場合もあるので、非常に有効な手段だと言えます。予約の流れは、まず行き先地の駅周辺で店舗を検索し、自分の乗りたい車種を扱っている店舗が決まったら、そのお店の予約サイトで必要事項を入力していくだけです。使用開始日時や使用期間、希望の車種やチャイルドシートなどのオプション品を選択してインターネット上で登録するだけで非常に簡単に手続きを済ませることができます。あとは、当日に免許証などを忘れないようにすれば大丈夫です。なお、一部の高級車等ではクレジットカード支払いに限定される場合もありますので、制約については事前に把握しておきましょう。

レンタカーのメリット・デメリット

2015/05/23

最近、若者の自動車離れがよく話題に上っていますが、実際にはマイカーの所有という形態から離れている若者が多いのであって、自動車を運転できない若者が増えているわけではありません。学生時代というのはグループでのドライブも結構頻繁に発生するものです。では若者はどのように自動車を使っているのでしょうか。最近特に増えているのがカーシェアリングやレンタカーです。必要な時に必要な分だけ借りるというメリットが最も大きく支持されています。マイカーを所有すれば、維持費も毎年大きな金額になりますし、ガソリンは常に多めに入れておかねばなりません。洗車や清掃なども全てオーナーの負担になります。しかしこれらのマイカーにおけるデメリットは、レンタカーのメリットとして多くの若者に受け入れられているのです。目的の現地までは電車等の公共交通機関で移動し、現地付近の行動においてはレンタカーやカーシェアリングといった必要な時に必要な分だけ借りる方法を採り、日常の維持に関する大きな負担をカットしているのです。加えて消耗品まで必要な分だけです。ガソリンがその最たる例になります。面倒な清掃や洗車も、レンタルであれば常に業者任せで楽々。レンタルのメリットは非常に大きいと言えます。

予約から下船までの流れ

2015/05/23

本州から北海道まで自分のクルマを使ってドライブする場合、必ずフェリーを使うことになります。いくつかのフェリー会社があり、出航する港もいろいろありますので、最寄りの港から出航するフェリーを選ぶと良いでしょう。初めてフェリーを利用する場合は、どのように手続きをしたら戸惑うことがあるかもしれませんが、特に難しいことはありません。まずはフェリー会社のホームページにアクセスし、予約を入れます。まず、予定している日にちと時間を選び、クルマのサイズを記入します。小型車と大型車では若干費用が違ってきます。

次に、フェリーの中での座席を決めますが、2等から特等までいくつか種類があります。短い時間であれば2等でも十分ですが、一泊がけの場合はベッドがあるほうが楽です。個室やツインになると高額になりますが、優雅な船旅を楽しむことができます。また、大部屋であってもベッドはカーテンで仕切られますので、プライベートは確保されます。予約が完了した後は、予約内容が記されたQRコードが付いている画面を印刷します。当日はこのORコードを読みこませることで簡単に自動発券機で切符が発券されます。その後、係りの人の指示に従って乗船します。下船は港につく少し前に、アナウンスが入りますので、クルマに乗りこんで準備をします。そして係りの人の指示に従って順番に下船すればOKで、切符を見せる必要はありません。

乗船にかかる費用相場

2015/05/23

遠方まで車でドライブに行く時に、現地に着くまでゆったりくつろげるフェリーは便利な存在です。フェリーを使うメリットはたくさんあります。まず、マイカーでそのまま現地まで行けることです。また、車ごと運んでもらえるので荷物を載せたままでいられます。現地でレンタカーを借りる必要がないこともポイントです。
フェリーを利用する場合、旅客運賃と自動車航送運賃が必要になります。旅客運賃は乗客の料金です。この旅客運賃は、船内で過ごす船室のランクや季節によって変わります。船室のランクは2等から特等まで4~5段階あって、それぞれ費用が異なります。例えば、東京~北九州間のフェリーの場合は、2等船室が15000円ほど、特等船室なら42000円ほどになります。自動車航送運賃は車の運搬にかかる費用です。こちらは車が大きくなればなるほど高くなります。この例の場合だと、5m未満の乗用車は38000円ほど、3m未満の軽自動車なら24000円程度となります。こうした運搬費は航路やフェリー会社によって異なりますので、事前に調べるといいでしょう。
フェリーを利用する場合、事前に予約を入れる必要があります。フェリー会社のHPからネット予約が行えますので、利用したい航路を選んでください。フェリーに乗る当日は、時間に余裕を持って行動します。乗船の1時間~2時間前までに手続きを済ませることが大切です。フェリーへの乗船が済んだら、後は目的地までゆったり船旅を楽しみましょう。

フェリーの利用方法

2015/05/23

長距離をドライブしなければならないとき、フェリーを利用するのも手です。目的地までの時間はかかってしまいますが、その間体を休ませることができますし、ガソリン代や高速道路代のことを考えると、フェリー代も必ずしも高くはありません。

フェリーの利用方法ですが、まず予約を入れます。インタネットから予約を入れると簡単です。クルマ一台の料金にはドライバーの乗船代も含まれます。出航の40分前には乗船の手続きを行う必要があります。係りに誘導してもらいながら、クルマを乗船させればOKです。特に難しいことはありません。その後はクルマから離れて客室で休むことができます。2等客室が最も格安で、横になって体を休めることができます。また海を眺めながら椅子に座って寛ぐことも可能です。

夜中の便であれば、ベッドの部屋がオススメです。ホテルに泊まることを考えれば安上がりです。大型船になると、レストランやお風呂も完備されています。たっぷり時間がありますので、思い思いに時間を有効に使うと良いでしょう。港に得着するアナウンスがありましたら、クルマに乗り、降りる準備をします。降りるのも係りの人の指示に従って順番に降りていけばOKです。

フェリーを利用して愛車と自分に休息の日々を

2015/03/08

遠方に車で旅行する場合、フェリーを使うのもいいでしょう。
これは車ごと移動できる船になります。島に旅行をするときに利用できますが、レンタカーを借りず自分のマイカーで旅行が継続できるのがいいところです。
またフェリーを使わずに行けるようなところでもあえて使う方もいます。それは旅行気分を味わうためです。
船に乗っている間は運転する必要がありませんのでしばらくの間は座席に座ったりして休息を取ることができます。
またマイカーもしばらくの間はヒートダウンできるのがいいところです。
連続で使うのも悪くありませんが休息を与えるのもいいでしょう。
船に乗っている間はゆったりと海の景色を見て楽しめます。ドライブの場合は途中で船を使うことによって多様性のある楽しみを味わえるのがいいところです。
船はそれほど早くありませんので道中を堪能できるのもいいところでしょう。
自分のクルマの中に荷物を入れておけばいちいち出し入れをする必要もありません。ただ盗難対策だけはしておくようにしてください。船での盗難は泥棒がすぐに分かるので大丈夫だと思うかもしれませんが船に乗っている観光客が犯人でない場合もあります。
交通が発達した今でも船での旅行は人気です。